2017年10月18日

武部あらたの実績 激甚災害編

昨年3つの台風がオホーツクを襲い、8月20日、常呂川の堤防が決壊したことを確認しました。北海道では実に35年ぶりに堤防が決壊した大洪水でした。
武部あらた候補は直ちに二階俊博幹事長(当時)と台風被害を視察し、驚くべきスピードで激甚災害指定を取り付け、同年9月23日に激甚災害指定が公布、施工されました。
一連の台風被害から、災害復旧を目指し北海道緊急治水対策プロジェクトが同年12月9日に公表され、平成29年3月16日にはプロジェクト全容が確定し、災害復旧へ向けて本格始動することが出来ました。
武部あらた候補はふるさとを守るべく、被災地を回り河川、農業、漁業の惨状を国へ訴えかけました。その結果、北海道で317億円の予算に携わり平成29年から平成31年に災害復旧事業が集中的に展開されています。
政治は地域にとってあたたかい光にならなくてはなりません。北海道の美しい景観が元に戻るよう、ふるさとが元気になるよう、衆議院議員候補【武部あらた】はこの厳しい選挙を戦いぬいて参ります。