2017年10月16日

武部あらた5年間の実績 玉ねぎ選果場編

北見市の特産品は全国1の生産量を誇る玉ねぎですが、作物の収穫時期の関係上、季節によって出荷量は大きく変化していたため、農家の収入は不安定となり、事業継承や事業拡大の妨げとなっていました。
武部あらたは国の事業で約100億円のプロジェクト予算獲得に力を尽くし、北見市相内町におけるJAきたみらいの玉ねぎ集出荷貯蔵施設建築計画を後押し、2017年夏の施工開始にこぎつけました。
玉ねぎの安定出荷を実現することで、全国の消費者さまに通年で安定した価格の玉ねぎを供給、生産者さまに増産など経営努力が出来る環境を整備しました。農林水産事業は武部あらたが得意とするところです。武部はこれからも日本の食料の安定供給に貢献します。