2018年04月01日

福島県飯舘村認定こども園・小中学校開園開校式

福島県飯舘村の認定こども園と小中学校の開園開校式に環境大臣政務官として出席しました。
仮設校舎から飯舘村に戻ってきた園児、生徒の皆さんが待ちに待った開校式。
菅野村長は東日本大震災発生以前から教育に熱心で、ユニークな学校づくりをされてきた方ですが、木をふんだんに使い子ども目線のアイデアたっぷりの素晴らしい校舎。
生徒代表の川井さんの「被災者のレッテルを自らはがし、困っている人を助けるは人になりたい」との挨拶は人づくりを大切にしてきた飯舘村民の気質を感じ感銘を受けました。
子どもたちの元気な声と明るい笑顔が飯舘村に戻り、さらに再生復興が進むことでしょう。
認定こども園の名前の「までいの里」のまでいの意味は「真心込めてに丁寧に」の意味があるそうです。そんな立派な子どもが育つことでしょう。