2017年09月28日

衆議院解散

本日衆議院が解散されました。
国家・国民を守り、安全・安心な暮らしをどの政党に託するのか、地域の代表を誰に任せるのかを問う選挙戦の火ぶたが切られます。
「ニッポンを新たに!」
五年前、私の初挑戦はこの合言葉からスタートしました。
多くの皆様に共鳴していただき、政治が前に動きはじめました。
日本経済は好転し、雇用が生まれ、地域にも明るい笑顔が広がりつつあります。
しかし、少子高齢化や様々な格差問題で将来に不安を持つ人々が増えています。
昨年の熊本地震、北海道を襲った四度の台風被害など想定外の自然災害が全国で起こっています。
そして、北朝鮮による核実験やミサイル発射の暴挙。わが国は、戦後類のない危機に直面しています。
安全・安心な国づくり・ふるさとづくりと同時に、気候変動・環境問題に真っ向から取り組まなければ、日本はおろか世界全体が沈没しかねません。
今こそ国際社会と協力し、「世界の平和と地球村の未来のために」 日本はリーダーシップを発揮すべきと思います。
平和な暮らしを守るために。
元気なふるさとをつくるために。
子どもたちの未来のために。
いま問われているのは実行力・実現力です。
「光はオホーツクから、風は宗谷から!」
ともに進もうもっと前へ、さらに力強く。