武部新 あらた日記

2018年02月19日

新友会交流会

勝手に新を応援する会「新友会」、第2回交流会を旭川で開催していただきました。
山口会長はじめ多くの同志の皆さんと楽しい時間を過ごしました。
旭川は雪はそれほどでもありませんでしたが北見に戻るとびっくり!家が雪で埋まってました。
全国で豪雪災害がでています。天気予報がまだまだ気になりますね。

 

 

 

2018年02月19日

西北見地区郵便局長会総会

紋別市で開かれた西北見地区郵便局長会の総会に出席しました。この国会でユニバーサルサービスを維持するために負担金制度を新設する改正法案を議員立法で提出する予定になっています。残念ながら懇親会には出席できませんでしたが、集合写真をパチリ!

 

 

2018年02月14日

福島県視察

福島県浪江町に来ています。
福島県ではイノシシなど有害鳥獣による農産物被害が深刻で、捕獲強化が求められています。
年間約一万頭処理するのに環境省の設置した仮設焼施設の余力を活用して支援を拡大するため、前処理でイノシシを発酵させて減容する実証実験を行なっているのを視察。
牛糞や木質チップなどを材料にした発酵床に2週間程度埋設すると容量が半分になり、その後の焼却も効率良く行えるというもの。この技術は、なんと私の地元枝幸町から導入。
この問題では福島県議会の吉田議長に大変お世話になり、一緒に視察していただきました。

 

 

 

2018年02月09日

原子力防災実動訓練

北海道が実施した原子力防災の実動訓練を視察しました。
厳冬期の想定で、住民避難のみならずニセコスキー場があるため外国人観光客も多いことなどへの対応も訓練にくみこまれていました。
何度も訓練を繰り返して、対応に漏れがないようバージョンアップしていくことが重要です。
安全・安心な暮らしを守るため、国、道、立地自治体、事業者と連携を強化していきます。
北海道環境事務所にも訪問し、職員の皆さんを激励してきました。

 

 

 

 

2018年02月07日

アフリカのきれいな街プラットホーム

環境省のイニシアチブでスタートした「アフリカのきれいな街プラットホーム」の一環で、アフリカ各国から実務者を集め、研修を行っています。その皆さんが環境省を表敬されました。成果多いことを期待します。
夕方、全国原子力発電所所在市町村協議会の皆様が中川大臣に要請されました。
福島の除染、中間貯蔵施設等の着実な進展などについて意見交換しました。